東京・新宿「輸入ピアノ.com」のシュタイングレーバー専門ページ。
 
 シュタイングレーバー&ゼーネ
トップページ  Grandpiano  Uprightpiano  ブログ集   お問い合わせ  工場巡り アクセス 
 
元領主から譲り受けたロココ調のシュタイングレーバーハウス

 

Lisztが、実際に弾いていたSteingraeber。
ロココルームにあり、現在も演奏可能な状態で、度々コンサートに使用されている。

 

フランツ・リストが最後にたどり着いたピアノ
Steingraeber & Söhne (シュタイングレーバー & ゼーネ)

「ピアノの魔術師」と呼ばれたフランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt、ハンガリー語: Liszt Ferenc1811年10月22日~1886年7月31日)は、60年以上にわたるピアニストとしての演奏にエラール、プレイエル、ベヒシュタイン、ベーゼンドルファー等、数多くのピアノを演奏した。そして、彼がその最晩年、最後にたどり着いたピアノは、娘のコジマが住む南ドイツの小都市・バイロイトで運命的な出会いをしたSteingraeber(シュタイングレーバー)だった。
フランツ・リストは、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。 自身の生地であるハンガリー王国(当時はオーストリア帝国支配下)を祖国と呼び、ハンガリー人としてのアイデンティティを抱いていたことから、死後も「ハンガリー」の音楽家として認識・記述されることが多い。しかしながら、その一方で生涯ハンガリー語を習得することはなく、両親の血統、母語、最も長い活動地のいずれもドイツ圏に属し、当時の中東欧に多数存在したドイツ植民の系統でもある。
 このような複雑な出自や、ハンガリー音楽を正確に把握していたとは言い難い作品歴から、非音楽大国系の民族運動としての国民楽派に含めることは殆どなく、多くはドイツロマン派の中に位置づけられる。
ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をした。また、作曲家としては新ドイツ楽派の旗手、および交響詩の創始者として知られる。ハンス・フォン・ビューローをはじめとする多くの弟子を育成した。

リストの娘・コジマの夫であるWilhelm Richard Wagner(ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー)は、ルートヴィヒⅡ世の援助を受けて、自ら台本執筆、作曲、指揮によってオペラ作品を公演するためのオペラハウス「バイロイト祝祭劇場」を建築した。ここでの公演は、瞬く間に話題となり、多くのワーグナーファンはもとより、著名なオペラ歌手・指揮者・作曲家・ピアニストが訪れている。

前世紀後半から今世紀にかけては、リヒャルト・シュトラウス、アルトウール・トスカニーニ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ロリン・マゼール、カール・べーム、カルロス・クライバー、ダニエル・バレンボイム、ジュゼッペ・シノーポリ、クリストス・エッシェンバッハ等が音楽祭の指揮者としてバイロイトを訪れている。 
彼らはバイロイトでの音楽活動の合間に、広く交流を深め、互いの影響を受けた。
その拠点となったのが、ゴットリーブ・ シュタイングレーバーが1820年に創業し、1852年に2代目のエドワード・シュタイングレーバーによって現在のバイエルン州Bayreuth(バイロイト)市に工場を移設されたピアノメーカーSteingraeber(シュタイングレーバー)社内の「ロココルーム」と呼ばれているサロンだった。
このサロンには、フランツ・リストが、最後に巡り合ったシュタイングレーバーのグランドピアノが、今でも演奏可能な状態で置かれており、たびたび演奏会が催されている。
著名な音楽家がSteingraeber(シュタイングレーバー)を訪れた後によく利用したEuleDotzerなどの古いレストランの店には、彼らがサインした写真が一面に飾られている。

シュタイングレーバー社は現在6代目のUdo Schmidt-Steingraeber(ウド・シュミット・シュタイングレーバー)によって、世界で最も古く、小さく、伝統的な製造技能を継承するピアノメーカーとして引き継がれている。

「売れれば売れるだけ造る」メーカーではなく「造れるだけしか売らない」主義に徹したピアノビルダーとしての創業時から変わらない頑なな姿勢は、知る人ぞ知るところである。

幼少時から音楽に才能を現し、10歳になる前にすでに公開演奏会を行い、60年以上もの間、高名なピアニスト・作曲家として活躍してきたリストが、その最晩年にようやく巡り合えたのが、南ドイツの小都市Bayreuth(バイロイト)のシュタイングレーバーのピアノだった。


1886年7月にシュタイングレーバ―社がリストに供給したピアノモデル205(現在のモデルC-212)の納品書。娘のコジマ・ワーグナーによる受け取りのサインが記されている。この製品番号4328番のリストの最後のピアノは、バイロイトのシュタイングレーバ―ハウスに現在も展示してある。



リストの墓標。
一般の人々が眠る市民墓地にある。Steingraeberの工場のすぐ近くで徒歩でも行くことが出来る。
写真の手前に見えている、ほんとに小さな看板があるだけで、案内されなければ、辿り着けない





F.Lisztが亡くなった家。 リストの娘コジマ・ワーグナーの家のすぐ横にある。
手前の角部屋でなくなったとのこと。
現在は、リスト博物館となっている。


 お問合せ  運営会社  privacy policy  リンク集